ロルフィング&ボディーワークス ロルフィング&ボディーワークス ロルフィング&ボディーワークスロルフィング&ボディーワークス ニュース&トピックス Returns to Top Pageロルフィング&ボディーワークス ブログ
ロルフィング&ボディーワークス [BLOG]

記事一覧

表情筋・顎関節フェイシャルヘッドトリートメント

表情筋・顎関節フェイシャルヘッドトリートメントを受けていただいた方から感想。

「あくびをしたときに、顎がはずれなくなりました。」


全部で3回受けていただきましたが、2回目を受け終わっての感想でした。率直でうれしい感想でした☆

長時間のフライト

久しぶりのフライトで、隣に座ったご婦人がいました。
孫と一緒だったので、年齢は60代くらいだったと思います。


印象的だったのが、「ため息」でした。


何度も何度も出てくるため息です。


機内では、限られたスペースの中でずっと座っているので、
快適なはずはなく、体にはストレスが溜まります。


体がしんどくて、どうしようもないとき、体が酸素を欲し、
息をたくさん吸うためにできるのが「ため息」なのでしょう。


ご婦人からイライラしている様子が伝わってきましたが、
それを受けないようにしていました。


もし、体ができるだけ快適な姿勢を知っていたら、
もし、呼吸を深く入れる方法を知っていたら、
もし、体を少しだけ動かしながら、ストレスを減らす方法を知っていたら、


こうしたストレスを減らすことができます。


私たちの体ができるだけリラックスした状態でいられる、
そういう選択肢を持っておくのはとても大切だと感じました。

癒しフェア 2009 in 東京

癒しフェア2009に行ってきました。

東京ビックサイトで毎年開かれているようです。
とても大きい祭典だということで、一回
行っておかないとなあと思いました。

数々のヒーリング、ストーンショップ、コスメ、
などなどいろいろなブースが並んでいました。

が、一言感想は、


うーん、いまいち。


どうしてかというと、なんだかまとまりがないのです。
たくさんブースはあるのですが、一体感がありません
でした。


イベントも流れがなく、あっちでポン、こっちでポン、
と行われる感じでした。


それに対し、グリーンEXPOは本部からブースまで、
みんなで盛り上げよう!という意気込みが伝わって
きました。


しかし、日本のヒーリング業界は何でもあり状態です。
新しいヒーリング方法が新しい名前でどんどん立ち上がって
きます。


何がどこまで効くものなのか、正直よく分かりませんでした。
情報の氾濫するこの市場で、一人一人の物を見る目、
バランスのとれたものを見る目、というのが試される
混沌とした時代なのかなあと感じました。

GREEN EXPO 2009

ファイル 32-1.jpg

GREEN EXPO 2009に行ってきました。

ロハス的な取り組みが日本中から勢揃いしていました。


オーガニック野菜、豆腐、りんご、蜂蜜、チーズ、
、ワイン、コスメ、メディアなどなど。目新しいものが多くて、
見ているだけでも新鮮でした。


オーガニックが勢揃いの場所ってなんか良い雰囲気
を持っていましたよ。そして、たくさんの人達で賑わって
いました。


日本って、すごいね!


まずアイデアがすごい。豆腐をチーズみたいに
味噌漬けしたり、工夫がすごい。


独自のアイデアや工夫でオーガニックを取り入れて
いました。レアなものを輸入してきたりね。


めずらしいもので、これなら売れるというものが
あったらすぐに輸入するので、品物の種類が
豊富だね。


私がセラピーを学んだロハスの聖地と言われるボルダー
からもオーガニックがやってきていました。観光局
の方もやってきていらっしゃいました。


懐かしい風景。見慣れたオーガニックのローション
などが並んでいました。ボルダーがちょっと恋しく
なってしまいました。


環境や動物、人にやさしい街、ボウルダー(Boulder)。
アメリカで住みやすい街、教育レベルの高い
街一番に選ばれているそうです。


行政の制作が、自然環境や動物、人にやさしくなると、
人が集まり経済的にも豊かになる。その循環がうまく
いっているモデル街です。


GREEN EXPOでは、環境にやさしく、はたくさんあった
のですが、一方で人にやさしい社会・企業への取り組みという
のは、残念ながら見られませんでした。


ここが変わらないと、本物のロハスには遠いなあと
実感しました。


ボウルダーで学んで良かった。セラピーだけでなく、
ボウルダーの文化や精神が自分と一体となっています。


自分という存在について気づきを深めていく
セラピーも学びました。


ボウルダーの精神を日本で展開していきたい。その強い思い
を再確認させられました。


そして、いつかボウルダーと日本の架け橋となっていけたら
と思うのです。


無料のプログラムはあまりトークがおもしろくなかったので、GREEN EXPO 2010には、トークゲストとして参加できない
だろうか。。なんて思ったり。


GREEN EXPO 2009。日本のグリーンな取り組みを見て、
いろいろ思う、有意義なイベントでした。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ



Page Topへ