ロルフィング&ボディーワークス ロルフィング&ボディーワークス ロルフィング&ボディーワークスロルフィング&ボディーワークス ニュース&トピックス Returns to Top Pageロルフィング&ボディーワークス ブログ
ロルフィング&ボディーワークス [BLOG]

記事一覧

師匠との再会&レッスン

師匠にもう一度会って、レッスンをしてもらった。

師匠の名前は、Doug Jones。


今まで、マッサージセラピスト、ポラリティーセラピー、
クレニオセイクラル(頭蓋仙骨療法)、心理学、
日本での合気道の訓練など、様々な経歴がある。


今は、人間のエネルギーフィールドに
働きかけていく方法でセラピーをしている。


久しぶりに会った喜びを分かち合い、
そしてレッスンに入った。


師匠にマッサージベッドに横になってもらい、
師匠ののカラダに手を置く。


うーむ、反応が出てこない。なぜだろう。。。
師匠の、きびしいまなざしが飛んできた。


師匠:「ケージ、私はそんなケージと会いたいのではないよ。
私の知っているケージは、もっと楽しく、好奇心に溢れて
いたよ。」


手を置いただけでこう言われた。


アメリカとブラジルから帰ってきて、一年半。
日本での文化的な側面に、自分を適応させてきた。
日本では日本のやり方があるからだ。


師匠はこう続ける。


「日本には日本の文化の中でのやり方があるだろう。
日本人への礼儀とか、繊細さへの対応とか。
そういうのもあるのはわかる。でもね、
もっと自分色を出して。」


自分の手の質を限りなく透明にしようとしていた。
相手のカラダからの反応を聞くために。
それは非常に大切なことだ。
それは師匠も分かってくれた。


でも、師匠の言うとおり、自分色をもっともっと出して
行くべきだということも思っていた。


アメリカやブラジルで経験を積んできた、そのすべてを
もっと出していきなさい、と言われた。


日本という文化に適応しようとするあまり、そんなにも
自分の表現を制限していたのか。
でもある意味では納得だった。


師匠をマッサージベッドに横たわらせたまま、
自分はソファーのところに歩いて行って
どかっと横になって、しばらくエネルギーが
沸いてくるのを待っていた。


師匠は目をつぶったまま、ベッドに横になっていた。


制限を外すと、思い出してきた。


本来の自分は、もっともっと好奇心旺盛で、明るく、
子供のように質問をしまくる。そうして、体得する
まであきらめない。そんな楽しい自分がでてきた。
そうそう、こんな感じ。


そうしたら、目をつぶったまま、突然師匠が笑いだした。


「あははははっ、ケージ、それそれ、あははは。」


うーん、この師匠にはかなわないなあ。
人の中にあるエネルギーの質を勝手に
読まれる。


ケージ:「OK,Doug I am back here. I am ready for working with you. (師匠、分かったよ、僕は戻ってきて、準備ができたから始めるよ。」


そう言うと、マッサージテーブルの回りをぐるぐる
歩きながら声をかけた。


師匠:「それそれ。そのユニークさがいい!」


自分の手を置いた。今度はちゃんと反応が出てきた。
それに、部屋の雰囲気がとても軽くなったのを感じていた。


師匠:「ケージ、部屋の空気を感じてごらん。分かるだろ?」
師匠も同じように感じていた。


今度は、どの手の質感に師匠が出会いたいのか、という
レッスンに入った。軽いタッチなのか、それとも、しっかり
したタッチなのか。


軽いタッチでは反応があまりなかったので、しっかりした
タッチに変えたら反応がでてきた。


次に、反応を見るためにまた軽いタッチに変えた。


師匠:

「ケージ、今私のカラダがどの質感を
求めているのかが分かっただろう?


でも、交互にしていたら、とってもエネルギーを
使うから、君が疲れてしまうよ。


ケージは日本で、とってもエネルギー
を使いながらワークしているね。


それに、交互にしていたら、受け手のカラダが
錯乱してどう反応したらいいのかが、
分からなくなるときがあるよ。」


ケージ:「それは一理ありますね。」


ケージ:

「2つの方法で試したら分かったけれど、
じゃあ、どうやって手のタッチの質を変えないで、
相手の様子が分かるの?」

師匠:

「今のように一度つながったら、相手のサインを待ったらいい。
相手の豆電球がポンッと点灯するのを見たらいいんだよ。


エネルギーのチャネルは、筋膜みたいなより
肉体的なものかもしれない。


はたまたトラウマのようなもっと繊細な
ものかもしれない。


クレニオ(頭蓋仙骨療法)なんかの髄液の流れる
のクレニオリズムの波長かも知れない。


感情的には喜びや悲しみかもしれない。


はたまたスピリチュアルの何かからかも知れない。


豆電球がポンッと光るのをみたら、自分の質感を
それに合わせていけばいいのだよ。

自分の中を変えるのさ。テクニックではなくてね。」


セッションの最後に、もう一度自分の質感を変えて、
師匠のカラダを見た。


一瞬でどこがキーになっているのかが分かった。
入ってきたというのが正しいかもしれない。


師匠の右足外側の筋肉をぐーっと押していくと、


師匠

「わお、バーン、ケージ。そう!どうしてそこが分かったんだ?そこは今私がワークを今欲している場所だよ。最近そこがどうしても張ってきていたんだ。」

ケージ:

「そこもそうだけれど、ここもだね。
ちょっと深いところ。ここ、ここ。」


師匠:「フゥー。」


師匠の顔が笑顔になって、呼吸が深くなっていった。


相手のサインを読んで、自分の質感を変える。
レッスンは合格といったところだろうか。


自分の手を感じてもらって、その手の質を自分の内側で
変えていけるようにすることを学んだ。
反応が起こるように、自分から調節していける。


エネルギーのことは、漠然としていて一つ一つを言葉で
表現することは簡単ではないのだけど、師匠はそれを
クリアにしてくれる。そんな師匠に感謝だ。


やっぱりここにはたまに帰ってきたいと思った。


ご飯を食べて別れるときに、

師匠「I am so glad that you came to see me! My Friend!!」
友達のケージがここにまた会いに来てくれてとってもうれしいよ。」


師匠は自分のことを友達というふうに表現してくれた。
アメリカならではのフレンドリーな関係だ。


友人から間接的にだけれど、師匠は自分のことを
とても尊敬しているって言ってくれていることを聞いた。
ありがたいことだ。


来年は、今よりも、より自分の色を前面に押し出した
セラピーを展開していけたらいいなと思う。


またそして、それを師匠に見てもらおう。
師匠、どうもありがとうございました。

体の響きを感じる

私たち一人一人には、敏感な感覚を一つ授かっている
のかも知れません。


見るのが得意な人。聞くのが得意な人。雰囲気を感じる
のが得意な人。味が分かる人。香りが分かる人。
文章を奏でるのが得意な人。


セラピー的に言うと、オーラが見えるとか、チャネリング
して声を聞くことができるとか、詩を奏でることができる
とか、アロマの香りがよく分かるとか。


それぞれに特徴が、個性があっていいですよね。


何ができた方がいいとか、どれがどれよりも優れているとか、
そんなことはないんですよ。


みんな癒しに、人をサポートすることに役立っていたら、
それでいいのだ!と思います。


私自身の得意分野は、手から感じることです。
もともと手の力に惹かれていましたが、少しずつ
セラピストの修行中に目が開いてきました。


手を触れた人からの「響き」をより鮮明に感じる
ようになってきました。滞っていた部分の
エネルギーが解放されると、ビーンと響きます。


反応が起こっていると、ビーン、、、ビーンと
響きの波がいったりきたりします。


逆に響きがないと、???どうしたのだろうと
不思議に思ったりします。響きがないとセラピーの効果が
少なくなる感じがします。


そしてその原因をつきとめるために、問答が始まります。
いったいどうしたら響きがでてくるのだろう。


セッション中、手を通して体と交渉してみたり、
それをセッション後、骨格から分析したり、
歩き方で分析したり。


こうしていつも体と対話しています。


直感を司る右脳はいつも使います。思考を司る
左脳はセッション前後に使います。


両方を使いながら、感覚を研ぎ澄ましているのには
かなりの集中力がいります。


こうして自分の感覚と、重力というものさしを
使って、日々精進です。

日本語の医学用語はむずかしい!

今、セミナーやワークショップの準備を自分なりに少しずつ進めています。


感想は、日本語の医学用語がむずかしい!です。


なんでこんなに複雑なのだろうと頭かかえながら、それでもひとつひとつ準備をしています。


うーん、いっぺんに日本語にするのはあきらめよう。まずは英語で作って、それから日本語にしよう。英語の資料を作るのもまた一苦労です。


恥ずかしながら、お客さんの前ではいまだ、筋肉の名前は英語のままで説明してます;なるべく早く日本語対応がんばりたいと思います。


それにしても、通訳の皆さんはすごいと思います。こんなに複雑な医学用語を覚えていらっしゃって。


私も通訳レベルで自分の日本語を使えるように、少しずつ頑張って行きたいと思います。


何事も始まりが一番チャレンジですね。一つ一つ経験を重ねて頑張りましょう!

アナトミートレインのワークショップで

トム・マイヤーズ(Thomas W. Myers)のワークショップに、
スタッフとして参加してきましたが、私はアイダ・ロルフ
のすごさをここでも感じました。


トムはアナトミーのことに対しては、経験、知識共
にすばらしかったです。もともとアメリカでは、
整形外科的な視点で筋肉や骨格のことが
研究されてきました。


私が感じたのは、トムがそれらの研究から得た知識を
どん欲に取り込みつつ、そこにアイダ・ロルフや
フェルデンクライスから学んだことを比較・考察
していったことです。


そして、自分の経験やアイデアを取り込みできたのが、
彼のアナトミートレインであると思います。


トムはアナトミートレインで今は自分の学校を
もっていて、コースも持っています。


アナトミートレインを有名にしたのは、そのバックにある
ロルフィングのエッセンスだと分かりました。


ワークショップでは、アナトミーの視点からロルフィング、
およびDr.アイダ・ロルフの考えを考察できました。


私は、彼の視点から、より筋膜の理解がクリアになって
くるのであれば、すばらしいことだと思います。


ただ、彼の理論は、推測の部分も多く感じました。
ですから、どこまでがロルフィングのアイデアか、
そしてどこまでがアメリカで行われている軟部組織
に関する研究の知識か、またさらにどこが彼独自の視点か、
ということを理解していることが大切だと思います。


個人的には、ワークショップをとても楽しめました。
アメリカで学んだことが数多くでてきて、
復習になりました。それに新しく筋肉にアプローチ
する手技も学べましたし。


会場には理学療法士や、ヨガやピラティスの
インストラクター、その他様々な方達が参加して
いましたが、筋膜への手技は初めての方達が多く、
手技を教えるのがとても楽しかったです。


ワークショップでトムが披露していた知識や技術の
レベルはとても高いものがあり、情報量も多かった
ので、2~3割しか分からなかった、と言っていた生
徒さんたちもたくさんいらっしゃいました。


私も筋膜リリースを教える機会を作っていこうと
思いました。もっと基礎からわかりやすく、しかも
手技の時間が多く取れるものがあったらいいな、と
思ったからです。


さて、話はかわりますが、ワークショップの初日に
スタッフ4人とトムと食事にいったのですが、
アイダ・ロルフのことを彼に質問しました。


「アイダ・ロルフはトムにとってどういう存在でしたか?」と。


印象的だったのが、今でもトムは毎日とは言わないけれど、
週に一回くらいは彼女のことを思い出すといっていました。


「自分の質問をしてみたら、彼女は何と答えてくれるだろうか。」


そう思うんだそうです。ロルフィングの創始者、
Dr.アイダ・ロルフはやっぱり偉大だなあと思いました。

筋膜

筋膜がこれから注目されてくる。

昨年初めて筋膜の国際的な学会が開かれた。
今年もオランダのアムステルダムで開催される。


そして、科学的にも研究がどんどん行われている。
筋膜にも神経受容体があり、筋肉同様に重要な役割
を果たしているということが分かってきている。

筋膜の動作も確認されている。今までは筋肉しか
考えられてこなかった分野に新しい光が射す。


ロルフィングの創始者、アイダ・ロルフ女史が
40年くらい前に唱えてきたことがやっと科学や
論理的解説のもとに照らし出されようとしている。


アメリカでは、すでに筋膜を治療することはとても大切
になっている。その重要性はますばかりだ。


事故などでの症状には筋膜リリースのテクニックは、
その他科学的手法とともに、医師の許可があれば、
保険も適応されてきている。


5月1日から、トム・マイヤーズ(Thomas W. Myers)
のワークショップをスタッフとしてお手伝いしてくる。


彼は、筋膜のつながりや生理学的に筋膜のことを説明した
本、「アナトミー・トレイン徒手運動療法のための筋筋膜経線
(医学書院 )」を出版し、理学療法士たちに大人気だ。


筋膜を解剖学の視点から、メスを入れて、独自の理論
を打ち立てて人気を博している。その元はロルフィングだ。

彼はロルファー(ロルフィングをする施術士の総称)
だ。そしてアイダの教えを直接受けている。

今は独自の理論体系から自分の学校まで開くに至っている
が、セミナーでどんな話が聞けるか楽しみだ。

そして、これから筋膜がどのように注目されてくるのかには
目が離せない。

共感すること

「共感」とは、他人の体験する感情や心的状態、
あるいは人の主張などを自分も同じように感じたり
理解したりすることです。

相手の身体に起こっている変化が、自分にも分かる。

こんなことがありえるのでしょうか。
答えはイエスです。


自分が予測するなど、頭で考える前の直感が大切
になります。パッと入ってくる感覚です。
この感覚に耳を傾けます。


そのために自分の周りを静かに保ちます。感覚はとても
微々たるものなので、自分や周りが静かでないと
聞こえなくなるからです。


中心軸を保ち、呼吸は流れ、知覚は広がっています。
身体や手は力むことなく、柔らかい状態です。


相手との境界線を感じ、手から入ってくる感覚、
周りから入ってくる感覚に集中します。

相手の話を聞き逃さないぞ、という聞く姿勢です。
そこでパッと入ってくる感覚が相手が感じている
感覚です。


思考より早く来る一瞬の感覚です。これが共感です。


セラピーのマスターや師範達には、これがはっきり分かる
方達がいます。共感とは、奥の深いものだと思います。

知覚を広げる

セラピーのセッションで、マスターになるための
道をなんとか言葉にしたいと思い書いていますが、
どれも抽象的な概念だなあと自分でも思ってしまいます。


後々エクササイズにしてこれらを感じ、気づき、
そして理解を深められるようにしていきたいと
思っています。


今日は知覚を広げることについて書いていきます。


Perception---知覚、認知、鋭い理解力、直覚力、心像
と訳されています。

広辞苑では、

知覚…感覚器官への刺激を通じてもたらされた
情報をもとに、外界の対象の性質、形態、関係
および身体内部の状態を把握するはたらき。


となっていますが、僕の理解では、
「空間的感覚」となります。


例えば、一点を集中してじーっと見つめることは
知覚を狭めることになります。反対に視野を広げて
全体の景色を見つめることは、知覚を広げることになります。


知覚が狭くなっていると、自分の手技に没頭してしまい、
全体が把握できにくくなります。


また、自分の姿勢や呼吸、周りの空間への認識が
途絶えてしまいます。


クライアントの身体を聞くときには、知覚を広げて
絶えず聞く体勢を整えている必要があるのです。


感覚を言葉で記述するのは簡単ではありませんが、
この空間的感覚を広げることが、軸や呼吸を保つ
重要な役割を果たすのです。


次は「共感すること」についてもう少し詳しく
書いてみようと思います。

中心軸を保つ

体の中心に軸を保つことについて書きます。

共感の状態にあるときには、自分とクライ
アントの境界線がはっきりしていないと前の
記事で書きました。


そのときには、クライアントが感情や溜まっていた
ものを解放すると、それをもらいやすくなります。


精神科医やカウンセラー、またセラピストがクライアント
の持ってきたものを、知らず知らずのうちに受け取って
しまい、自分の健康を損なってしまうという話は
良く聞きます。


日本の学校ではそういうものをもらうものは仕方がない、
と教えられたという方もいらっしゃいました。


しかし、自分を犠牲にして相手のためにセラピーの
セッションを行うことは長続きはしません。
自分の体が先に参ってしまいます。


私もアメリカでセラピー(ボディーワーク)の勉強を
していたときには、クリニックや病院、ホスピスなど
で様々なクライアントにワークして、いろいろなもの
を受けてしまった経験があります。


セッション後はどうしようもなく体が重くだるくなり、
回復するには寝るしかないみたい、
という感覚になりました。


では、自分が犠牲にならないためには
どうしたらよかったのでしょう。


一つに「中心軸を保つ」ということが大切になります。
自分の重心がいつも体の中心にあります。


セッション中、左右どちらに体重が乗って無理な体勢
をとったり、背骨が丸くなって胸が開いていない
と呼吸が浅くなります。

この状態ではネガティブなものを受けやすく溜まりやすいです。

東洋的にいえば、気功をしているときに体の重心がへその下の丹田にあるときです。


動いているときにも、絶えず自分の動きを第三者の目から
客観的に観察できるような訓練が必要になります。


また、自分にとっての中心軸を保ちどっしりしていて、
しかも体の力が抜けている状態にあることが必要です。


その感覚が自分の中で理解できると、疲れ方が全然ちがって
きます。またセラピーの効果もぐっと上がってきます。


そして次の「きたものをそのまま流すこと」を同時に行うと、
クライアントの持っているものを受けなくなっていきます。

境界線(バウンダリー)を知る② ボディーワークの現場で

クライアントと対面しているときに、セッション前の
会話では、境界線ははっきり存在しています。

セラピスト側は、言葉が押しつけにならない
ように十分に注意する必要があります。


「~すべき」など自分の主観を一方的に言うことは、
相手の境界線に踏み込むことになります。


「このクライアントさんには私が必要だ」と思うことも、
既に自分の主観を相手に押しつけることになります。


クライアントの状態を良く聞き、クライアントが
何を求めているのかを知り、自分のワークの範囲
内で何ができるのか、どこまでサポートできるのか
という自分の境界線を十分に分かっていることが大切です。


もしも自分のワークの範囲内にない場合は、
「できません」と正直に伝えましょう。


さて、セッション前はこの境界線がはっきりしていますが、
ボディーワークをクライアントに施しているセッションの
最中は、そこに明瞭なバウンダリーは存在しません。


なぜなら、癒しは共感で起こるからです。共感とは、
相手を生命の深い部分で受け入れることです。


相手が自分に開いていて、自分がそれを受け入れるとき、
相手と自分の区別はあたかもなくなったようになります。

そこでは、命の響き合いとも言える反応が起こります。
深い癒しとは、その状態で起こります。


ただ、ここでクライアントの境界線に自分が
引き込まれると、セラピスト側が疲れてしまいます。


もしもクライアントがネガティブな感情や溜まって
いたものを解放したときには、セラピストはそれを
もろに受け取ってしまいます。


ですから、共感して明瞭な境界線がないときに
でも、自分を守ることは大切になります。


しかし守り方は、相手と自分を区別するのではなく、
「自分の中心軸をしっかり持つ」、

そして「きたものを流す」ことです。

それらについてはまた次回。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ



Page Topへ