ロルフィング&ボディーワークス ロルフィング&ボディーワークス ロルフィング&ボディーワークスロルフィング&ボディーワークス ニュース&トピックス Returns to Top Pageロルフィング&ボディーワークス ブログ
ロルフィング&ボディーワークス [BLOG]

記事一覧

水分の取りすぎは?

水分を多く取ることは体に良いのか、悪いのか。


基本的には良いです。老廃物を体外に排出してくれます。


ただし、体内水分量と、塩分(ナトリウムなど)の
バランスを考えることが大切です。


何もしていなくても汗がでます。
これだけ暑いと、人が行う代謝が上手く働かなくなります。


汗は、水分と一緒に体内の熱を外に出してくれますが、
水分と一緒に塩分も出て行きます。


塩分(ナトリウムやカリウムなどのイオン)が足りなく
なると、代謝(体内の自動調節)がうまく行われなくなります。


ですから、汗をたくさんかく環境では、塩分を補うために、
塩分をほんの少し含む食塩水や、スポーツドリンクを
飲むのが良いです。


熱中症が流行っています。熱中症は、体の中に産生される
たくさんの熱をうまく体の外に出せない状態になります。
代謝がうまくいかない状態です。


熱が産生されると、熱を逃がすために、血液が、筋肉や
体表近くに集まりやすくなります。そして、臓器や脳に血液
が回りにくくなります。


ですから、暑さで目眩や、ぼんやりする、頭痛がする
などの症状がでたら、すぐに涼しいところに
行くことをお薦めします。


また、汗が出すぎるなどして塩分が不足し、
筋肉が痙攣をおこしたら、スポーツドリンクなどで、
塩分(ナトリウムなど)を摂取しましょう。


一方で、体は冷やしすぎるのも良くありません。


汗がたくさんでて、それが扇風機やエアコンの風
で冷やされすぎると、こんどは体が冷えます。


体が冷えるとかえってだるく感じたり、
夏風邪をひいたりします。


これは私事ですが、暑さが一定を超えると、飲み物が非常~に
飲みたくなります。


最近お店に行くと、アイスクリームやジュース
などを買って冷やして飲み過ぎます。


のどに冷たいものが当たる感覚が気持ちよくてやめられ
ない~のです。


でも良くないですね。お腹が水分でタプンタプン
してきますし、体が冷えます。


人の体って、外界の気候や環境に、柔軟に対応できるもの
ではないなあと思います。


暑い夏を、自分なりの工夫で乗り切りましょう。

日焼け止めクリームで紫外線(UV)カット

暑い、暑いの毎日ですが、


晴れ渡って、夏空がとてもすがすがしいですね。


巨大な入道雲が何層にも重なっているのを見ると、
これぞ、日本の夏!という気持ちになります。


昨日は風が強く、乾いていたので、暑くても比較的
過ごしやすかったと思います。


それにしても、紫外線の強さは気になります。
数年前よりも、強く感じますねえ。


特に女性は日焼け止めクリームを塗ったり、日傘をさすなど
肌荒れ対策が大切だと思います。


日常生活で浴びる紫外線は、SPF10、+が一つの、PA+くらいで十分だそうです。


SPFとは、Sun Protection Factorの略。「SPF10」「SPF50」などは、UV-Aと比べると波長が短く、真皮にまでは到達しない紫外線であるUV-Bを、何倍防げるかを数字で表したものです。


太陽光の紫外線を受けたときに、何もぬらないと10分で肌が赤くなってしまう人が、SPF10の日焼け止め(サンスクリーン)をぬれば、10分x10の、100分、つまり1時間半強は、赤くならずに紫外線(UV)を防げるということです。


また、PAとは、波長が長い紫外線(UV)であるUV-Aを、どれだけ防止できるかを、「+」の数で示すものです。


ということで、それほど外に出続けるわけではない、日常生活で浴びる紫外線は、SPF10、+が一つの、PA+くらいで十分ということです。


ちなみに私は、大学生の頃、夏に3000メートル級の高い山に登るときには、SPF70をガンガンに皮膚に塗っていました。化粧したみたいに白くなります(笑 


ただ、SPFの数字が高いと、クリームが厚くて肌から取れにくいので、敏感な肌にはきついかな、と思います。


今では、SPF50くらいのものでも、クリームの伸びが良いなめらかな塗り心地のものが出ていますね。


日常、海水浴、山登りなど、用途によって、自分に合った紫外線カットな方法を使い分けましょう。

ロルフィングと氣

遠藤喨及氏の「気と経絡指圧」癒しの指圧法

という本を読み返しました。


遠藤喨及氏は、故、増永静人氏の弟子で、増永氏の禅指圧を


発展させた方です。それをタオ療法と名付けています。


禅指圧は、増永静人氏が、海外に広めた指圧で、体に流れる気の通り道である経絡を調整していく指圧です。
私はこれをアメリカで学びました。


気の不足している「虚」の経絡が原因で、気が過多になっている「実」の経絡に症状が現れる。


この、不足した虚の気の流れに、共感の圧によって気がスムーズに流れるようにして、「実」となっている症状が取り除かれる。


気の世界を感じ、解明していった結果、遠藤氏は、増永氏の12経絡から、さらに12経絡を加えた、24経絡を発見するに至ったのでした。


最近ふと、この本を読み返したい衝動に駆られて、読んでいたところ、ロルフィングの理解がより深まりました。


ロルフィングは、重力下における人体の構造と、動きを、解剖学・生理学的観点(筋膜などの結合組織)から説明していきます。


また、重力下で効率良く動けるように、体の感覚を育て、身体を再教育していきます。


その点は、ロルフィングにしかない独特なものなのですが、施術をしている時には、気の流れにも働きかけているのです。


筋膜に連続性が見られる状態、均一に筋膜の張力が感じられる
は、気の通っている状態です。


しなやかで、滑らかな動きが見られるときには、
動作の中に気が通っている状態です。


これを見ることができるということは、気が見える、もしくは
感じられる、ということなのです。


気の経絡指圧は、「受け手がもっとも圧してほしい点を想像することで取る」想像的共感を手がかりに、気の流れに沿って施術をしていきます。


ロルフィングも、想像的共感と同じように、「知覚を広げ、動きの流れ(重力)が通りたいラインをみながら」知覚的共感を使い施術していきます。


ロルフィングの施術は、24経絡上の受け手がもっとも圧してほしい点を内包しているはずだと私は考えます。


そうでないと、体の変化が根本から起こることはないからです。


ロルフィングと氣のつながり。違った角度から見ると、
またおもしろいなあと思います。


ロルフィングは、西洋と東洋の本質がミックスされた
ボディーワークだと思います。

扇風機で夜を快適に

いやあ、暑いですね~。


最近の暑さには参ってしまいます。


アメリカから帰ってきた年の夏のこと。
日本のじめじめした暑さにはどうにかなりそうでした。


しかし、この暑さにカラダを慣らそうと、一切エアコン
を使わずに、夏を乗り切りました。


しかし、代謝がうまくいかないのですね。夜は暑さ
で汗をかくので、Tシャツを着替え、また汗をかく。


扇風機の風が体に当たると、汗をかいた体が冷えて
疲れが体内にこもります。そうして体力が奪われて
いきました。夏風邪の原因にもなります。


寝苦しいのは度を超すと体には良くないなあと実感しました。


翌年は観念して、エアコンを使い始めました。
タイマーをかけて寝て、暑くなったらオンにして、
またタイマーかけてを寝る。暑さに体力を奪われず、
快適にすごせました。


しかし、一旦エアコンを使うと、日中も、暑くなったら
エアコンのスイッチを入れてしまいます。
電気代もバカにならないですよね。


今年はなるべくエアコンを控えるために、
新たに扇風機で必殺技です。


扇風機の風量を弱に設定し、風を直接体に当てるのではなく、
寝ている体の数ミリ上を通るようにして、
首を振らせておきます。


そうすると、カラダから放出される熱気がこもらない
ので、朝まで快適に眠れます。今のところこれで
大丈夫です。


今年は今でこの暑さ。長丁場になりそうです。


よかったら、扇風機で夜を快適にやり過ごすこの方法を
試してみて下さいな。

日常のサイン

気のせいと思うことが日常であれば、それは何かのサイン
かも知れません。


昨日、久しぶりに、ホームページを管理するインターネットの
サーバー上の情報にアクセスしようとしたら、ログインでき
なくなっていました。


言い換えると、会員のページに行けなかったのです。


あれ、おかしいな。今までは入れたのに。どうしてかな。


最近の自分の課題は情報を整頓することでした。


デジタル化がすすむにつれ、情報量がどんどん増えていきます。


パソコンで使うデータは特に増え続けていきます。
パスワードやカード情報、名刺、写真なども
増えていきます。


学んだことも、たくさんノートやプリントで溜まる
のはいいけれど、それを形にして整頓し直さなくては
外に出せる形になっていきません。


今までは、流れが滞らない程度には情報を更新して
きましたが、何年も放っておいたものもかなり
あります。


その中には、更新が必要なものもありますが、たくさん
の情報に埋もれてしまい、何が必要なのか、何が必要
でないのかも分からなくなっているものがあります。


今まで通りのやり方で、ホームページの情報を管理しよう
としたら、それができなかった。


何が原因か、分からずじまいでした。


それで、問い合わせをしてみました。やっぱり原因は
分からなかったので、パスワードを再発行してもらう
ことにしました。


謎は謎のままにしておこうと思いましたが、
ふと、なんか意味はあるのかな?と
疑問に思いました。


そしたら別に、更新しなくてはならない情報を見つけ
ました!手遅れにならないうちに終わらせました。
あぶないあぶない。


たくさん更新しなくてはならないこと、整頓し直さなく
てはいけないことがあるのは分かっていましたが、
なかなか手がつけられないでいました。


でも、昨日の出来事で焦ったので、それに着手し始めました。


会員のページに入れなかったのを、勝手に自分の最近の
課題と結びつけましたが、案外こういうことがサイン
となってくれているのではないかなあと思います。


日常に起こる筋の通らないと思うところにも、何かのサイン
を見ることができれば、問題を未然に防ぐこともあるのだ
と思いました。


さてと、そうとなったら、整理整頓のしなおしです。


自分にとってはとても大変な作業ですが、
今しておかなくては、と思ったのでした。

枇杷の木

6月ですね。

電車から見える景色には、風情があります。


秋には柿が、春には桜が、そして今は枇杷の木が目につきます。


オレンジの実が、きれいです。


桜の季節にはありませんが、柿や枇杷の季節には、


きれいと思う前に、

取って食べたいっ、

を先に思います。(笑


もしも、自分が田舎暮らしをしたら、果物をたくさん植えたい
なあと思います。


大好きなマンゴーは南国育ちなのであきらめますが、
柿、枇杷、キウイ、イチジク、ブドウ、桃、スイカ
なんかを植えて、


毎年季節毎に果物をお腹いっぱい食べたいなあ、と夢が
膨らみます。


果物や野菜を育てながら、ロルフィングができる環境
があれば、言うことなし。


そんな想像力を膨らませるのも楽しいですね。

ロルフィング ユニット3 モデルクライアント募集中

日本ロルフィング協会では、只今、関東トレーニングが開催されております。


1~3のユニットと呼ばれる3学期の内、1.2学期分を終了致しました。そして、9月下旬~11月中旬にかけて、ユニット3が横浜で開催されます。


ユニット3では、1人の生徒が2人クライアントを受け持ち、ロルフィングと、ムーブメントのセッションを実施します。


そのクラス内で受けるモデルクライアントを只今募集しております。


ロルフィングを受けるのは興味があるけれど、もろもろの理由で受けるまでに至っていらっしゃらない方は、このチャンスをお見逃し無く!


詳しくは、下記または、日本ロルフィング協会ホームページをご覧下さい。

日本ロルフィング協会ホーム―ページ
http://rolfing.or.jp/index.shtml


● 2011年9~11月 横浜開催 ( ユニット3 )

ロルフィング10回シリーズのモデルクライアントを募集いたします。訓練生から格安でロルフィングがうけられるまたとないチャンスです!

( 国内におけるセッション代金の相場は約12,000~15,000円 )


関心のある方は、下記問合せ先へご連絡ください。
以下、協会ホームページからの引用です。

◆開催期間 2011年9月26日 ~ 11月18日 ( 週2回ペース )

◆時間帯 午前9時~18時の間
※詳細は、下記にあるスケジュールのファイルからご確認いただくか、お問い合わせください。

◆実施会場 横浜YWCA ( 横浜市中区 )
http://www16.ocn.ne.jp/~ywca/access.html

◆アクセス JR根岸線「関内駅」南口より徒歩6分
JR根岸線「石川町駅」北口より徒歩6分
横浜市営地下鉄「関内駅」1番出入口より徒歩8分
みなとみらい線「日本大通り駅」2番・3番出口より徒歩10分

◆募集人数 約35名程度

◆参加費 【 訓練生から受ける場合】

税込 30,000円 ( 1回 3,000円 X 10回 )

【講師から受ける場合】
税込 50,000円 ( 1回 5,000円 X 10回 )

【講師からロルフィング、ポスト10を受ける場合】
税込 15,000円 ( 1回 5,000円 X 3回 )

※参加費は前払い制です。参加確定後に一括で銀行振込となります。
※講師から受ける場合とポスト10を受ける場合は1回5,000円になります。

◆参加条件 下記の条件を満たしていることを前提に書類審査の上決定させていただきます。 何卒ご協力、ご理解をお願い申し上げます。

◆申込み・ 日本ロルフィング協会 トレーニング担当 宮崎
お問い合せ メール:training@rolfing-planet.jp


※ このモデルクライアントで得た収益は、全額、東日本大震災への援助として寄付されます。

ロルフィング、ユニット2を終えて

日本ロルフィング協会が開催している、関東トレーニングに
セカンド通訳兼、アシスタントとして参加していました。


東日本大震災の中断を経て、再開。やり残した2週間分
を先週の金曜日に終了しました。


日程の都合や、会場のスケジュールの壁を乗り越え、
生徒全員が集まることができ、インストラクターも
再来日を果たし、モデルクライアントの方達も都合
を合わせていただき、と、順調に事が進みました。
流れが味方してくれていたように思います。


このユニット2は、去年の9月から準備を手伝ってきました
ので、それをやり遂げることができ、ホッと肩を撫で
下ろしました。


最後の2週間は、肩腕としてインストラクターを支えていた
ブラジル人のアシスタントが来ることができなかったので、
私がアシスタントとして、インストラクターをサポート
させていただきました。


大変勉強させていただきました。


役割が違うと、見えてくるものや、感じるプレッシャーが
違ってきます。


毎日があっと言う間でした。


最後に、ボディーリーディング(身体をみる)をインストラクターの代わりにさせていただく機会があったのですが、
いざ自分がやるとなると、感覚や知識の総動員です。


インストラクターは、こういう場を保ってゆける経験と
膨大な知識を、トレーニングを通して持っていなくては
ならないのだなあと、その偉大さを感じたのでした。


インストラクターとの最後のミーティングで、とても
励みとなる言葉をいただきました。


「もしも、keijiがインストラクターを目指すことを望む
のなら、私はそれを奨励しますよ。」


畏れ多いお言葉でしたが、うれしかったです。


インストラクターを目指せる道は、アドバンスロルファーに
なった後にあります。


私はまだアドバンスロルファー(アドバンストレーニング
を受けるとなれる)にもなっていないので、道は遠いです。
ですが、遠い先に、具体的な目標が見えてきました。


将来こんなインストラクターになれればいいな。ロルフィング
の世界には、そう思わせてくれる尊敬すべきインストラクター
達がいます。


いつか、自分もそうなれればいいなあ。


考えただけでも気の遠くなる道のりですが、
1日を精一杯生きることが、その道につながって
いけばいいなと思うのでした。

体の左右差

体には左右差があります。それが正常です。


利き腕の方が、よく使うため、筋肉が発達します。
その分、重くもなります。


女性はほとんどの方が、バックを肩にかけますが、
いつも同じ側に背負っている人は多いです。


利き足もあります。歩き始めるとき、出す方の
足は、大抵各個人で決まっています。


私たちは、体を左右異なる使い方を、異なる頻度で
使っています。


そうすると、感覚も異なってきます。


右半身より、左半身の感覚がはっきりしていたり、
その反対だったりと。


はっきり感じられる側の半身は、他方の半身よりも
頑張って動いてくれています。


感覚がはっきりしている方が、一般的に使う頻度も
多くなりやすいです。


しかし、もしも片側だけ使うことに偏っていたら、
姿勢、動作にはそれが顕著に出てくるでしょう。


そして、背骨のバランスや、首の傾きににも影響します。


一度、立位の状態で、右半身と、左半身を感じ比べてみましょう。
どちらの方が感覚がクリアか。意識はどちらにあるか。


もしも、左右の感覚に大きな差があれば、感覚の少ない方に
意識を向けてあげましょう。


歩くとき、座っているとき、寝ているとき。
物をつかむとき、などなど。


それだけでも、体のバランスが変わってきます。


左右差はあって正常ですが、意識は左右どちらにも均等に
ある状態が、より良いバランスを保つことにつながります。

ストレスとは? カラダの視点から

先日、地震で延期になっていた日本ロルフィング協会の
年次総会がありました。


午前中にプチワークショップがあったのですが、その中で、
身体性発達心理学の「ボディナミック」を学ばれている
ロルファーのムート延子さんが、ストレスケアについての
話しをしてくださいました。


今日は、彼女から紹介していただいた、ストレスの定義を
シェアしたいと思います。

『ストレスとは、身体の均衡を脅かすもの』


だそうです。


ストレスに免疫をつけ、ストレスによるエネルギーの
消費を抑えるとともに、


いきいきと自己表現をするためのエネルギーを
貯蓄するためのリソース(元気の源)
が大切だと話して下さいました。


-身体の均衡を保ち、健やかに生きるためには-


①十分な睡眠

②身体の活動、エクササイズ

③仕事において、「喜び」を感じられる

④物質的な身体との接触

⑤友人・知人と、非生産的な時間を楽しむ

⑥誰かにとって、自分が大切だと感じられる友人をもつ

⑦何を食べるか/どういう風に食べるか


だそうです。

内容は抽象的ですが、心当たりがあるか
どうか、試しに考えてみてくださいね。




Page Topへ